Bitconnect Fukuoka Japan

アメリカからの規制、DDoS攻撃などを受け存続が危ぶまれたビットコネクト。そのため、ビットコネクトの存続をかけ、レンディングシステムを停止したことにより独自通貨の価格が大暴落。しかし誠意あると思われる懸命の努力によりV字回復の兆しを見せる。果たしてどこまで復活することができるか!?
bitconnectの登録はこちら(現在停止中)

【重要:1月18日15時更新】ビットコネクト レンディング及び交換プラットフォームの停止について

【速報】Bitconnectの取引所でのBTC / BCC売買開始!さらにKYC(身分証明書)制度が導入されました。

続報・レンディング及び取引所機能についてのアップグレード(1月18日12時更新)


 

1月17日に発表された「ビットコネクトレンディングと交換プラットフォームの停止について」 によって、価格が大暴落したBCCですが、今後のビットコネクトの見通し及び保有BCCの取り扱いについて発表がありましたのでお知らせします。

 

公式ウェブサイトニュースは「貸出および交換機能の変更に関するBitconnect更新」をご覧ください。

 

ニュース原文(公式ウェブサイトから引用)

Bitconnect update regarding the changes to lending and exchange functions

Dear community members, the current BCC price drop is the direct result of us releasing all of our members coins at one time. We will do our best to honor the value of BCC as close to what it has been holding during past several months. At this time, we are closing the lending platform only. The BCC Exchange will work as usual from tomorrow and the wallet service will remain operational to hold your BCC on the website.

For next 10 days we are allowing members outside the U.S.A, to participate in the BitConnect X ICOwith BCC at $150. This is to support existing coin holders and give the BCC coin some initial stability after these recent events.

We are launching a new, superior system as an exchange that will support several cryptocurrencies as soon as possible and BCC will be listed immediately.

BitConnect Coin are limited in supply to 28 million and there are currently only 9.6 million in circulation.This scarcity of supply should create a market demand, with help and support from the community, once this new exchange begins operation.

We still expect BitConnect coin (BCC) to gain its value back and you can hold your coins in the website wallet or transfer them to a QT wallet.

We apologize for this inconvenience and we are working to get things corrected for this community and platform.

Best Regards,

The Team BitConnect

 

内容を翻訳して抜粋

  1. レンディングのプラットフォームのみを閉鎖し、明日(1月19日)からBCC / BTCの交換プラットフォームを再開する。
  2. ウォレット機能については従来通り。これからもビットコネクトウェブサイト上でBCCが保有できる。
  3. 価格暴落の保証として、これから10日間は、現在実施している「BitconnectX」のICOにおいて、1BCC当たり$150円で換算しBCCXを購入できる。(通常1BCCX=$50 1BCC=3BCCXで交換可能)※ これはコインを保有している方のための対応と、今後ビットコネクトとして予定しているイベントの安定性を保つための方策です。
  4. こらから新しい取引所への上場を目指す。
  5. まだ未発行のBCC(960万枚発行/総数2800万枚)はマーケットの需要や新しい取引所ができたタイミングで発行する。

 

 

現時点におけるBCCの保証と今後のビットコネクトの展望について


 

これから10日間は1枚のBCCでBCCXを3枚買えることとなりました。

1BCC=$150になるという意味です。(1BCC=3BCCX)

 

現在の一般レートでは1BCC=約$30、払い戻し時の$363に比べると、まだまだ半額以下ですが、通常の5倍近くで取引できます。

 

BCCXの上場時期は3月中を予定しているとのことです。

更に、新たな収益プラットフォームを構築中とのことです。(これがBCCの為のものなのか、BCCXの為のものなのかは現段階では不明)

 

BCC価格が$100に回復した時点で、大手取引所2つに上場(4ヶ月以内)を予定

新プラットフォーム及びBitconnectXの結果次第では、以前までとはいかないかもしれませんが、ある程度は復活する可能性が出てきました。

 

なお、BCC ExchangeおよびQt Walletを含むBCC Wallet Serviceは通常通り運営されます。
(bitconnect.co 持続の維持管理)

 

 

ビットコネクトに対する当サイトとしての見解


 

ログイン障害、突然の発表で、ビットコネクトに関わる方々は不安な日々を送られたと思います。

また、このコネクト側の発表を受けてもまだまだ不安は残り、信用に至らない方々も多いかと思います。

一瞬にして数百万円〜が消し飛ぶのを目の当たりにして、不安と憤りを感じたのは事実であり、未だなお不安が完全に無くなった訳ではありません。

しかし、今は否定的になっても疑っても仕方ありません。

 

 

今回の発表を信じるか信じないかはもちろん個人の自由ですが、そもそも投資自体にはリスクがつきものです。

 

しかし、投資をされている方々にとってはBCCの回復が一番の望みではないでしょうか。

 

現時点ではビットコネクトサイトのBCCウォレットは通常通り稼働しているため、BCCをそのまま保有することを検討されている方は、そのままセキュリティーレベルの高いビットコネクトで保有するのも一つの方法かもしれません。

ビットコネクトXのBCCウォレットで保有するのも良いと思いますし、BCCXに投資するのもありだと思います。

 

現時点で手放してしまえば1BCC=約30ドルです。

(この発表後$16から$30まで回復。1月18日15時時点では、時価総額も174位から93位へ回復。1BCC当たりも$34まで回復してきました。)

 

しかし、ビットコネクトは4ヶ月以内に$100を目指すと発表しており、それに期待するのもありだと思います。

 

 

私はまだビットコネクトに期待したいと思います。

 

なぜなら、価格暴落となるBCCでの払い戻しとなりましたが、ビットコネクトを存続させる意思が見受けられたからです。

 

パイプ案件なら、ウェブサイト自体を閉鎖してしまえばよかったからです。

 

また、送金したビットコインがそのままビットコネクトのBTCウォレットにそのまま残っていました。

 

そのため、まだBCCと交換されてない方は、そのままBTCを他のウォレットに避難できています。

 

数百万単位で送金されてた方もいました。

しかし、その方は自己判断・自己責任でビットコネクトを投資先として選んだということで、BCC取引のある海外取引所へ送金しなおし、この発表前に全て底値近いBCCとトレードされてます。

 

これこそが本当の投資家だと実感させられました。

 

 

そんな方々の為にも、当サイトはこれからも確かな最新情報を取り続け、ビットコネクトを応援し、このサイトでみなさんにお伝えしていきたいと思います。最新情報が入りしだい更新いたします。

 

 

また、今回の件について日夜関係なく寝る暇も惜しんで協議・対応してくださっている「ビットコネクトジャパン公式チーム」の皆様に対し、深く感謝を申し上げます。

今朝も昨夜から朝まで寝ずに会議を行い、各国代表との意見交換などを行なって頂いていたようです。

本当に有り難いですね!

 

 

bitconnect(公式認定)日本チーム発表。

bitconnect(ビットコネクト)今後の方針【まとめ】

http://bccjp.co/2018/01/19/new-bitconnect/


以下は過去記事になります。参考としてご一読下さい。


ビットコネクトサイトのニュースより抜粋


 

全てのコミュニティーメンバーにビットコネクト融資および交換プラットフォームを停止する事を通知します。

全ての融資残高の払い戻しにより、即座に貸出業務を停止しました。

リリースされた貸出残高はBCCにてBCCウォレットに転送されます。転送時のレートは$363.62です。これはcoinmarketcap.comに登録された最終価格(15日分)の平均で割り出しております。

 

現在BCCウォレットに入っているBCCは送金可能になっています。

 

今後、ビットコネクトウェブサイトは、レンディング及び交換プラットフォームを終了し、ウォレットサービス、暗号通貨ニュース発信などを行うサイトとなります。

 

レンディング及び交換プラットフォームを停止する理由は次の通りです。

 

  1. 継続的な悪い報道により、コミュニティーメンバーを不安にさせ、プラットフォームに対する信頼の欠如を引き起こしました。
  2. また、テキサス州やノースカロライナ州からの通知により、プラットフォーみの法的継続の妨げにもなりました。
  3. さらに外からの攻撃(DDoS攻撃)がこれからも継続する恐れがあります。そのため。プラットフォームが不安定になり、コミュニティ内に多くのパニックを引き起こしています。

 

理由とされている詳細についてはこちらをご覧ください。

【 ビットコネクトのウェブサイトの不具合及びアメリカでの現状について

 

 

今回の件で、ビットコネクトコミュニティの終了は考えておらず、ビットコネクトコインのサポートも現時点では終了する予定ではないとのことです。

 

現時点でのビットコネクト発信についてまとめ

  1. ビットコネクトコインは今後も他の取引所で公開していく。
  2. ビットコネクトコインサービス自体は継続する。
  3. ビットコネクトX内ではビットコネクトコインを扱う。

 

 

ビットコネクトサイトの動作確認について


 

ログインできた方々の情報をまとめました。

 

レンディングしていた$は全てビットコネクトコインに変換され、アクティブレンディングは全くない状態。

 

ビットコネクトコインで払い戻しされたのはいいが、回収するにはビットコネクトコインを売却しなければならず、ビットコネクトサイトではビットコインに交換できないため、ビットコネクトコインを取り扱いがある海外の取引所に送金する必要がある。

 

交換プラットフォーム停止中であるが、売り注文を出すページに入れる。(約定しない可能性大)

 

BCC取引可能な取引所

  • HitBTC
  • CoinExchange   
  • Livecoin

これらの取引所を利用してBTCもしくはEHTとトレードしなければなりません。

現状、HitBTCは口座開設ができない状態であり、CoinExchangeは現在口座開設可能です。

 

追記:2018.1.17 p.m.17:00

CoinExchangeを開設しましたが、現時点ではスムーズに開設できています。また、ビットコネクトサイトからのBCC送金も確認済みですが、現在トランザクションが詰まっているため着金まで半日近くかかっているようです。

 

現在もビットコネクト公式ジャパンチームがビットコネクト役員と情報交換を行なっているようです。

また、ビットコネクト役員も運営本部と対話中とのことですので、新しい情報が入り次第、追記していきます。

 

現時点でのまとめ


  1. プラットフォームでの交換とレンディングはできなくなるが、ウォレット自体は今後も存続する。
  2. レンディングしていた$はBCCに変換され、払い戻しされている
  3. 現時点でBCCを換金するには、海外のBCCを取り扱う取引所に送金しなければならない。
  4. ビットコネクトのウォレットが信用できない場合、ビットコネクトXのBCCウォレットへ避難する方法もあるが、現在信用できるかは自己判断になる。

 

 

対応方法としては・・・

  1. そのまま放置して情報が揃うのを待つ。
  2. ビットコネクトXにBCCを送金する。
  3. 外部取引所へ送金する。
  4. ビットコネクトXと外部取引所双方に送金し、分散して管理する。

が考えられますが、全て自己判断・自己責任で行なってください。

 

また新しい情報が入り次第更新いたします。

 

2018.1.17.17時現在

GTM12時30分頃(日本時間18日04時30分頃)にビットコネクトシステム運営者と各国代表者間での会議が執り行われるようです。

この会議で、正確な実態把握と今後の方向性について何らかの動きがわかるようになるかもしれません。

 

 

 

追記:BCC送金方法について


 

また、現在ログインが不安定ですが、ビットコネクトコインの避難(他のウォレットへの送金)方法についてお知らせしておきます。

 

  1. 送金先のBCCレシーブアドレスを取得する。
  2. ビットコネクトウェブサイトにログインし、左側にあるメニューボタンから「ウォレット」を選択する。
  3. 画面が切り替わったら下にスクロールし、「BITCONNECT WALLET(BCC)」をクリックする。
  4. 「To address」に送金先で取得したレシーブアドレスを入力。
  5. 送金数量やパスワード、2段階認証コード、コードカードなどを入力し「Withdraw from BCC wallet」をクリックする。
  6. 確認画面が開くので、送金アドレスを再確認し、間違いがなければ「Confirm」をクリック。
  7. 「Success」と表示されれば送金完了です。