Bitconnect Fukuoka Japan

アメリカからの規制、DDoS攻撃などを受け存続が危ぶまれたビットコネクト。そのため、ビットコネクトの存続をかけ、レンディングシステムを停止したことにより独自通貨の価格が大暴落。しかし誠意あると思われる懸命の努力によりV字回復の兆しを見せる。果たしてどこまで復活することができるか!?
bitconnectの登録はこちら(現在停止中)

2段階認証設定方法

このページをご覧になっているということは、ビットコネクトの登録はお済みですね。

ビットコネクトは、ビットコイン(BTC)の入金や送金、ビットコネクトコイン(BCC)の売買や貸付などが行える取引所のようなサイトです。

今回登録したアカウントで仮想通貨やお金の管理が行えるようになりますが、登録したアカウント(IDとパスワード)を不正取得された場合、大事な資産を奪い取られる可能性があります。

そのため、ビットコネクトでは2段階認証コードカード認証という方法でアカウントのセキュリティを高めなくてはなりません。

 

それではまず2段階認証でアクセス強化を図っていきましょう!

 

2段階認証の設定

2段階認証とは、ID/パスワードの確認以外にセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みのことです。

 

今回使用する2段階認証用アプリは「Google Authenticator」。

Googleが無料販売しているアプリで使いやすくオススメです。

(iPhone用アプリのインストールはこちら。)

 

設定方法

1.ホーム画面左側にある鍵マーク又は左上のメニューをクリックし「security/セキュリティー」を選択します。

2.「2段階認証」をクリック(通常は2段階認証のページが表示されています)

初期の段階でのアカウントセキュリティレベルは10%とかなり脆弱です!!

3.画面の下側に表示されているQRコードをスマホにインストールした2段階認証アプリで読み込む。

※ Google Authenticatorでの読み込み方法

①アプリを開く。

②画面上部にある「+」をクリック。

③画面下に表示される「バーコードをスキャン」をクリック。

④QRコードを照らし合わせて読み込む。

読み込みが完了したら、スマホに表示されている6桁の認証コードを入力し「リカバリコードの保存」にチェックを入れて「有効にする」をクリック。

※ ウォレットからコインを送信する際に・・・・は任意ですのでチェックしなくても設定できますが、不正出金を防ぐためにはチェックしておいた方が良いです。

これで2段階認証の設定は完了です。 セキュリティレベルも60%まで上がりました!

リカバリーコード(バックアップコード)は、スマホを破損・紛失させた場合など、認証アプリを使用できなくなった場合に必要になりますので、必ず保存しておいてください。

 

これで2段階認証の設定は終了です。

 

次はコードカードの設定方法について説明します。こちらをご覧ください。