Bitconnect Fukuoka Japan

アメリカからの規制、DDoS攻撃などを受け存続が危ぶまれたビットコネクト。そのため、ビットコネクトの存続をかけ、レンディングシステムを停止したことにより独自通貨の価格が大暴落。しかし誠意あると思われる懸命の努力によりV字回復の兆しを見せる。果たしてどこまで復活することができるか!?
bitconnectの登録はこちら(現在停止中)

仮想通貨取引所 CoinCheck登録方法

 

ネットでもオススメの取引所として人気の高い「Coincheck」

とても使いやすく、初心者が初めて開設するには本当にオススメの取引所です。

Cioncheck取引所のページへアクセス

 

アカウント新規登録


 

フェイスブックかメールアドレスで新規登録できます。フェイスブックだと10秒ほどで登録できるようですが、今回はメールアドレスで登録してみましょう。

 

メールアドレスパスワードを入力して「アカウントを新規作成する」ボタンを押すと、下の画面になり、登録したメールアドレスに確認メールが送信されます。

 

このメールアドレスとパスワードはログインする際に必要なので、必ずメモしておくことをオススメします。再パスワード発行可能ですが、かなり時間がかかるようです。

 

 

 

メールボックスを確認しに行くと・・・

 

 

ちゃんと届いてます!!このメールのリンクからアクセスすると、アカウント登録が完了しました。次は個人情報の登録に入っていきます。

 

本人確認と電話番号認証


 

ホーム画面の左上にある「ウォレット」を押して設定を選択します。

 

 

まずは「電話番号認証」から行います。電話番号認証を行わなければ「本人確認」できないようになっています。

 

 

電話番号欄に入力し「SMSを送信する」ボタンを押すと、登録した電話にショートメールで6桁の認証コードが送られてきます。

 

その認証コードを送信された認証コード欄に入力して、「認証する」をクリック。

 

 

電話番号の認証完了です。

 

これでCoincheck取引所で5万円以内の取引ができるようになりました!!

 

続いて「本人確認」の入力です。

 

 

 

氏名カナ氏名性別生年月日自宅住所などの基本情報を入力するのみです。この後、身分証をアップロードしなくてないけないので、身分証の記載内容と相違が無いよう注意が必要です!

(私の場合、この自宅住所の記入ミスで本人確認が取れず、完全開設までにかなり時間がかかってしまいました💦)

 

本人確認書類の提出


 

本人確認事項の入力が完了したら、次の本人確認書類(免許証など)をアップロードします。

 

  1. セルフィーID(免許証と自分の顔が写っている写真)
  2. 免許証の表
  3. 免許証の裏

 

PCやスマホに画像を入れておけば、その画像をサイト上で選択するだけでアップロードできるので、事前に作成しておくことをオススメします。

特にセルフィー IDは、自分の顔が写っているので、納得のいく画像じゃないと嫌ですもんね!

免許証以外で使える本人確認書類は次の書類になります。

 

  1. 旅券(パスポート)
  2. 在留カード
  3. 特別永住者証明書
  4. 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)

 

これで本人確認に関する入力は終了です。

 

後は、本人確認書類が承認されれば、自宅に住所確認のためのハガキが送付されてきます。

そのハガキを受け取ることで本人確認が完了し、全ての機能が利用できるようになります。(ハガキが来ないので確認したところ・・・基本事項の入力ミスで本人確認が完了してませんでした💦先ほど再提出したところですw)と、この記事を書き終えようとしたら

本人確認書類の確認が完了しましたメールを受信(笑)本人確認書類の確認が完了するまでに1〜2営業日お待ちください。となってましたが、1〜2時間程度で完了しちゃいました。あとはハガキの到着を待つのみです♪今後取引を行うようになれば、2段階認証などの設定も必須ですね!!

↓⇩↓⇩Coincheckでの取引開始はこちらをクリック⇩↓⇩↓

追記(2017.11.10)

ハガキが到着!発送開始連絡から最寄りの郵便局に到着連絡まで、逐次メール連絡があり、とっても安心でした。